徳島のシロアリ駆除|ヤマト産業
HOME>シロアリ予防・駆除

シロアリとは?

シロアリはどんな生き物ですか?

世界には2900種のシロアリが生息しており、日本国内では22種が確認されています。
そのうち、建物に甚大な被害を与えるのは、主にイエシロアリとヤマトシリアリです。

ヤマトシロアリ

ヤマトシロアリ

イエシロアリ

イエシロアリ
ヤマトシロアリとイエシロアリの生息分布

シロアリの生息分布

ヤマトシロアリは、北海道北部を除く日本全土に生息します。


イエシロアリは、千葉県から西の太平洋岸沿いの温暖な地域に生息します。


近年、シロアリの生息地域が北上する傾向にあり、被害の発生する地域も拡大しています。

シロアリの生活のイメージ

シロアリの生活のイメージ

シロアリは地中に巣をつくり、蟻道と呼ばれるトンネルを延ばしながら、絶えず餌を探し回っています。


普段は枯れた木や落ち葉などを食べていますが、建物を見つけると、床下の基礎などに蟻道を延ばして、人知れず侵入を開始します。

建物の壁や床、玄関などには木材が使われています。
シロアリは、これらを求めて建物のわずかな隙間から侵入してきます。

シロアリ対策は、なぜ必要ですか?

集合住宅では、シロアリ被害の発見が遅れがちとなります。そのため、気付いたときには2階にまで被害が及んでいたり、壁体内に巣を作られたり、場合によっては複数の住居に被害が拡がることもあります。
新築時の防蟻施工から10年以上経過した物件は、薬効が無くなっているので、シロアリの侵入するリスクが高く注意が必要です。

シロアリの侵入事例

床下土間コンクリートの際から
蟻道を延ばす

床下土間コンクリートの際から蟻道を延ばす

基礎外周部に何本もの蟻道を延ばす

基礎外周部に何本もの蟻道を延ばす

基礎外周部より蟻道を延ばす

基礎外周部より蟻道を延ばす

シロアリの被害事例

2階角部屋のクローゼット内の被害

2階角部屋のクローゼット内の被害

胴差部分から柱が断裂するほどの被害

胴差部分から柱が断裂するほどの被害

床下土間コンクリートの際から侵入し、床組材を加害

床下土間コンクリートの際から侵入し、床組材を加害

玄関の壁体内に分巣を作る

玄関の壁体内に分巣を作る

胴縁の被害

胴縁の被害

建物をシロアリ被害から守るためには、事前のシロアリ対策が欠かせません。

イエシロアリの種類
兵隊アリと職蟻

兵隊アリと職蟻

羽アリ

羽アリ

シロアリの見分け方
シロアリの見分け方
シロアリの一生
シロアリの一生
シロアリの侵入経路
シロアリの侵入経路

シロアリは食料の木材を求めて、たえず土中で活動しており、2~3年で数万匹に達することもあります。 床下地面の木材残材等への侵入を契機に、基礎・束等を経由して、建物の木材内部に進入加害します。