徳島のシロアリ駆除|ヤマト産業
HOME>地盤調査(表面波探査法)

| 表面波探査法とは |

安心・丁寧なヤマト産業の表面波探査法

地盤調査を依頼すると、「地盤改良工事が必要」と判定されることが多くありませんか?
不必要な地盤改良工事は、余計な建築コストとなり、また、環境にも優しくありません。
「面的な荷重に対する地盤の強さ」を精度良く計測できる表面波探査法は、他の調査法に比べ「地盤改良工事が必要」と判定される比率が大幅に低くなります。

敷地内では5箇所の測定を行います。
建物の予定位置の4隅および真ん中に測点を設け調査します。全面的な地盤状況を判断し、また、地盤内部の地層傾斜などを予測します。このことで、より安全で安価な基礎設計につながっていきます。

人の勘に頼らない正確な数値。
表面波探査法は結果がすべて数値で得られます。調査員の経験や判断に加えて、個人差のない客観的なデータが得られます。

「点」ではなく「面」で測定します。
測定するのは、検出器と検出器の間の範囲(通常50cmの円形の範囲)となります。礫や異物による部分的な情報ではなく、平均的な地盤情報を得ることが出来ます。